ランキングでオーガニック化粧品の実力をチェック

レディ

アレルギー性の病気です

鏡を見る女性

激しい痒みを伴います

アトピー性皮膚炎と言えば、代表的なアレルギー性の病気です。アレルギーには1型から5型まであり、アトピー性皮膚炎は花粉症のようなアレルギー性鼻炎と同様、1型アレルギーに分類されています。どのようにして1型アレルギーが起こるのかと言うと、まずはアレルゲンと呼ばれるアレルギーを引き起こす物質が体内に入って来るところから始まります。すると、IgE抗体を身にまとったマストセルが、そのIgE抗体でアレルゲンを捕獲することになるのです。そして、マストセルからヒスタミンやロイコトリエン等の炎症物質を大量に放出します。その結果、局所的に炎症が起こり、アトピー性皮膚炎の場合では激しい痒みを伴った皮膚炎を引き起こすことになるのです。

保湿剤を選びましょう

アトピー性皮膚炎を発症しやすい人に共通して言えるのは、皮膚が乾燥しやすいということです。健康な人では、皮脂と呼ばれる油脂成分が皮膚表面にバリアを作り、皮膚を乾燥や外敵から守っています。しかし、アトピー性皮膚炎を発症する人は皮膚のバリアが不足するためにアレルゲンのような外敵が皮膚の内部に侵入しやすいわけです。ですから、アトピー性皮膚炎を発症している人は皮膚を乾燥から守ってやる必要があります。そのためには、自分の皮膚に合った保湿剤を用いる必要があります。これら保湿剤はドラッグストア等で購入することができるので、気軽に買うことができます。何を買えばいいのか分からないという方は、スタッフに尋ねてみるといいでしょう。自分の症状を伝えることで、どの保湿剤が向いているのか紹介してくれます。