ランキングでオーガニック化粧品の実力をチェック

レディ

ファンデーション

レディ

工夫が必要です

乾燥肌のファンデーションの塗り方は、少し工夫が必要です。まずは洗顔の後、顔全体に化粧水と保湿成分を含む美容液をつけます。美容液が化粧下地のかわりになります。ファンデーションを塗ると粉浮きしやすい人は保湿成分を含むクリームを薄く重ねづけします。そして10分ほど美容液やクリームが皮脂と混ざり合うのを待ってから、スポンジを軽くすべらせるようにファンデーションを塗ります。この時肌を強くこすらないように気をつけて下さい。化粧直しはメイクが落ちた部分を中心にパフでルースパウダーをつけます。ファンデーションを重ね塗りすると厚塗りになるので注意が必要です。また、スポンジやパフは肌に直接触れるものです。雑菌が付いているので最低でも週に1度は洗いましょう。

パウダータイプが良い

乾燥肌の人が使用するファンデーションは、クリーム状やリキッドがしっとりとして肌に良くなじむと思い込んでいる人が多いようです。しかし実際にはこれらは肌の老化や乾燥の進行を速める可能性があります。水分の多いファンデーションは、肌色の顔料と乳液状のものを混ぜ合わせて作っているため、パウダーファンデーションと比較すると界面活性剤が多く配合されています。さらに水分を多く含んでいるため腐りやすく、ある程度の防腐剤も配合されています。このような添加物が多いと乾燥肌への刺激が強くなるため肌の負担も大きくなります。肌への刺激の少なさを考えると、乾燥肌の人のファンデーションはパウダータイプが一番おすすめです。パウダータイプは水分量が少ないため添加物も少ないのです。